品質について

品質について

当社ではウッチンソーダを安心して楽しんでいただけるよう、原材料の選定だけでなく充填時の衛生環境や品質管理を重視しています。そのためHACCP対応工場へ充填工程を委託しています。
以下がその充填工場の品質管理に対する取り組みです。

品質管理(HACCP)への取り組み状況

近年食品業界では、O157に代表される食中毒の多発を契機として、HACCP(ハセップ)と呼ばれる高度な食品管理手法の導入が乳製品・魚肉製品等を中心に制度化されてきております。清涼飲料業界でも「食品の製造過程の管理の高度化に関する臨時措置法(HACCP手法支援法・・・平成10年7月1日施行)」の制定を機に、HACCP対応工場への施設整備が急務となっています。
当社では、同業他社に先駆け、平成13年1月に清涼飲料業界では第一号として、HACCP手法支援法の高度化計画認定企業となり、平成14年と平成15年の2度にわたり、大規模な工場整備に取り組んでおります。
今後とも高度化計画に従い、施設整備及び品質管理の徹底を実施して、安全でおいしい製品を市場に提供していきます。

HACCPとは

HACCPは、2つの要素で構成されています。HAはハザード・アナリシスで「危害分析」。CCPはクリティカル・コントロール・ポイントで「重要管理点」。まず、どのような食品の危害があるかを分析します。そして、その危害を防止するために、重要なチェックポイントを決めて、徹底的にそのポイントを管理し、食品の危害が出ないようにするシステムです。

HACCPの取り組み

安全、高品質、競争力のある製品を作るために食中毒や、異物など、予測される事故を想定して原料の選定、仕入から、製造工程、物流まで含めた各過程それぞれにチェックポイントを定めます。その上で各チェックポイントごとに誰が、どのような管理をするかを設定し、問題が発生した際の指揮系統を明確化、徹底したサンプリングと万が一の事故に備えたPL法の対応まで万全の品質管理体制を整備することです。

品質について同じ思いや考え方を共有できるパートナーがいることで、ウッチンソーダの品質は保たれています。
今後もお客様の信頼を裏切らぬよう本物の味と安全・安心を追求し、品質の安定と向上に努め続けてまいります。